フォグランプとヘッドライトの違いは?

フォグランプの意味とはいったい何でしょうか?

フォグとは英語で霧という意味です。
ヘッドライトは前方を先まで照らし、夜間走行の際に道路状況を見えやすくするために設置されていますが、フォグランプは足元を広く照らすために、左右への照射角をヘッドライトよりも広い配光としたレンズを備えているのが特徴です。

フォグランプは法律上の設置義務はなく、車種やグレードによってはついていないものもあります。

いすゞ H20 フォワード セミワイド アルミウィング 画像2

使用する光の種類と特徴

<ハロゲンランプ>

フィラメントを使用して光を作るため、フィラメントが消耗し、HIDに比べると寿命は短く、また点灯時に高温になります。
点灯時に高温になるため、雪の降っている時などは雪がライトに付着して凍結しにくいという特徴もあります。

HIDやLEDに比べ、価格が安く採用している車種は多いです。

 三菱 H20 スーパーグレート トラクタ(キャリア用)★ 画像2

<HID>
ディスチャージライトとも呼ばれています。
電極間の放電によって発光するタイプで、非常に明るく、高効率で寿命が長いのが特徴です。

ハロゲンと比べると、明るさが2倍以上、寿命も約5倍という特徴を持ちますが、ハロゲンの3倍近くのコストが掛かります。また、点灯時の温度が高温にならないという特徴もあります。

<LED>
LEDは消費電力も低く、非常に明るく寿命も長い為車用のライトとしてはうってつけです。しかし、価格は安くなってきたとはいえ、まだまだ高価で一部の高車種にしか採用されていません。
LEDの性質として光の束が直進するように光るので、見た目も明るくきれいに見えます。反面、光が拡散しないのでフォグライトとしては実用性よりもファッション性を重視になります。

【フォグランプ設置によるメリット】
 フォグランプをつけることで、自車の存在を対向車にいち早く知らせることができます。ヘッドライトよりも低い位置にあるフォグランプは、霧の中でも、明るく光り霧の中でも自車の走行を知らせることができます。
 足元が明るくなり、走行しやすくなったという意見もあります。
濃い霧の中を走るのは非常に危険なので、霧が晴れるまで安全な場所に停車して待つというのが一番の安全策ですが、走行しなければならないときにはフォグランプを点灯し、安全に走行したいものですね。

トラックのヘッドライトについて

トラックのヘッドライトについて

 トラックのヘッドライトは夜間の走行での安全性を確保するために以下のような一つの基準があります。
ロービーム  前方40メートルまで照らす
ハイビーム  前方100メートルまで照らす
やはり夜間の運転は昼間に比べて危険性も高いのでより明るくクリアな視界を確保したいものです。
明るく、安全な走行を可能にするようにいろいろなメーカーが凌ぎを削っています。

その前に、夜間は対向車、街頭等の逆光によりフロントガラスの汚れが一層に目立ってしまう場合があります。ライトの性能も非常に大事ですが、その前にフロントガラスの内側・外側とも
にきれいに掃除しておくことも大事ですね。

三菱 H20 スーパーグレート トラクタ(キャリア用)★ 画像2

ヘッドライトの設定のイロハ

ちなみに、ヘッドランプはハイビームにしておくと対向車の迷惑になりがちですが、実はその対策としてちょっとした工夫もされています。

日本は左側通行となっているので、トラックの運転手から見て歩行者や二輪や標識などがある左側は上部を照らすように上向きの設定になっています。
逆に、右側はほぼ水平に設定されており、対向車が目がくらんで危険な状況になりにくいようにされています。
ヘッドライトの主な種類
 ハロゲン、HID、LEDの3種類が主なライトの種類になります。
各社、それぞれの分野でより明るく、耐久性のある製品を作るために研究をしています。では主な3種類のそれぞれの特徴を見ていきましょう。

【ハロゲン】
 ハロゲンランプは、1980年ごろに開発されたもので白熱電球に比べて寿命が3倍、明るさが30%UP、大きさが1/30程度にコンパクト化ということでこれまで生産されてきたほとんどのクルマやバイクのヘッドランプへと採用されてきました。

後述のHIDやLEDといった最新のランプに比べて明るさや寿命は大幅に劣るというデメリットがありますが、その最大のメリットは何と言ってもその価格の安さです。開発されてから時間がたっており、量産体制も整っていることから価格は非常に安価になっています。。

 また、意外なところのメリットとしてはフィラメントが発熱するので、雪の日には走行中にヘッドランプが凍りにくいという特徴もあります。

 

【HID】
 HIDランプは、2000年頃から車に搭載され始めました。
ハロゲンとは違い、フィラメントがなくなりました。
明るさが2~3倍、寿命は5倍、消費電力は50%程度ということで現在の車のヘッドランプはこのHIDランプが多く採用されています。
とはいえ、良いことずくめというわけでもなくHIDランプは規定の明るさに達するまでに時間がかかることや、ハロゲンランプに比べて2~3倍のコストがかかることがデメリットとして挙げられます。また、発熱性が低いので雪の日の走行中にヘッドライトが凍りやすくなります。

 

【LED】
 LEDランプは、ここ数年で車にも使用さるようになった非常に新しいライトです。
特徴的なのが光が広がらず、帯状の光がまっすぐ届くという特徴があります。
車のライトには非常にありがたい性質です。そして、長寿命というのも大きな特徴です。

問題は価格が非常に高いということです。車のライトだけでウン十万と言われたら・・・・

現在新車で採用されているのは一部の高級車のみです。

量産技術が進化してくれればもう少し安価になってくれるでしょうか。

ヘッドライトの黄ばみ取りの方法

ヘッドライトが年数と共に黄ばんで来て、元のクリアな状態に戻せたらいいのになと思っていらっしゃるかたも多いのではないでしょうか?

今回は黄ばみ取りの方法について書きます。

【黄ばみの原因について】
そもそも、なぜヘッドライトはなぜ黄ばんでしまうのでしょうか? 以下のような要因があるようです。

  • レンズの樹脂が紫外線により変色する。
  • 太陽の熱でレンズに付着したほこりや虫の油などが焼き付いてしまい、色が沈着する。
  • レンズ内の水分やほこりなどがライトの熱で焼き付いてしまう。

【外側の黄ばみの除去】
ヘッドライト専用の黄ばみとり剤で磨いていくことが一般的です。
使う薬剤ですが、研磨剤の入っていないものをお奨めします。なぜかというと、研磨剤が入ったもので磨いてしまうと非常にきれいに仕上がりますが、元々あったヘッドライト表面のコーティングも剥がしてしまうためコーティングがなくなり、黄ばみの進行をかえって早めてしまう可能性が高いからです。
使い方は製品によって若干かわりますが、次のような方法でおこなってください。

1.表面の砂やほこりを水で洗し、完全に乾かす
2.液剤を親指大ほど布にとりだす
3.ライトの表面全体に点を打つようにつける
4.円を描くように丁寧に塗りこんでいく
5.新しい布でライト表面を拭きあげる

また、最近の薬剤の中には表面のコーティングまでできるものも販売されています。手間と多少の技術は必要ですがカー用品店で相談されるのも一つの手かもしれません。

【ヘッドライトのくすみ除去の費用】
自分で薬剤を購入してきれいにする場合には1,000円程度以上の費用になりますがプロに任せた場合にはどうでしょうか?

最近ではガソリンスタンドでも施工してくれる場合も増えており値段もまちまちですが概ね左右の両レンズで4000円~15,000円くらいの様です。

高価なものではレンズ表面の再コーティングを行うなど非常に手間の掛かる工程も含まれていることが多いようです。
UD H18 クオン 4軸低床アルミウィング エアサス☆ 画像2

ワイズトラックでは良質な中古大型トラックや中古中型トラックを取り揃えて
皆様をお待ちしております。ワイズトラックホームページはこちら。