荷役作業とは?事故事例は?

まず「荷役」という漢字ですがニエキと読むのでしょうか?ニヤクと読むのでしょうか?

辞書を調べると「ニヤク」という読み方が、正しい読み方の様です。

荷役作業とはどのようなことを指すのでしょうか??

もともとの語源は船から貨物を陸に荷揚げすることを指していたようですが、現在では船だけでなく、トラック等による陸上での輸送も含めて、トラックへの荷物の積み降ろしや倉庫への荷降ろし作業等を総称して「荷役作業」と呼んでいるようです。

荷役作業には人力によるものから、機械を使ったものまであります。
それらの機械のことを総称して「荷役機械」などと呼びます。
例えば・・・
・フォークリフト
・クレーン車  などです。

「荷役・運搬機械」と言うと上記の荷役機械の他に運搬のためのダンプトラックや移動式クレーン(ユニック車)なども含まれます。

このような機械を使って重いものを積み下ろししたり移動したりするので、勿論危険が伴います。どのような事故がどこで起こっているのでしょうか?
厚生労働省のデータを調べると以下のような結果になっていました。

■荷台等からの墜落・転落災害の詳細

・シートの掛け外し中 20.9%
・荷台からの意図的な飛び降りによる負傷 16.2%
・荷締め荷解き中 10.5%
・荷の積卸し中 8.6%
・あおりに乗っての作業中 5.7%
・その他 38.1%

■荷役運搬機械関係災害の詳細

・フォークリフト 70.0%
・クレーン 24.4%
・コンベヤ 5.6%

■被災場所の詳細

・荷主先等 65.8%
・自社構内 22.5%
・その他 11.7%

自社の倉庫内等であれば、危険作業を監視管理する仕組みがあったり、作業者自身も慣れた作業場であるということもありますが、客先では時間に余裕がなかったり、作業に慣れていない環境であること、会社の管理の目が行き届かないことなどの理由により、なんと事故の65%は客先で発生しています。

そして、事故の70%はフォークリフトによるものだと言うことです。
客先で荷役機械を使う場合、いつも使っているものとは勝手が違ったり、路面状況が違ったりなど、事故をおこす原因となる要素は、自社構内よりは多くなります。
より慎重な作業が求められます。

「事故は一瞬、後悔は一生」なんで交通安全標語もありましたね。

事故を起こせば、荷主さん・運送会社双方にデメリットがあるのでしっかり連携して事故を起こさないようにしたいものですね。

近年では、厚生労働省でも荷主さんと運送会社さんのガイドラインを作成しています。参考にして見るもの一つの方法ですね。

 
UD H24 クオン セルフ 3段クレーン 車検付き ★ 画像1UD H24 クオン セルフ 3段クレーン 車検付き ★ 画像9UD H24 クオン セルフ 3段クレーン 車検付き ★ 画像21
ワイズトラックでは皆様の安全荷役・安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック・中古冷凍冷蔵車・中古トレーラーを取り揃えて皆様のお問い合わせをお待ちしおります。お気軽にお問い合わせください。

 

ユニックの安全運転

ちょっとした荷物の積み下ろしであれば、荷役機械を手配しなくても架装されたユニックでことが済んでしまう優れもののユニックですが、使い方を間違えると事故につながってしまいます。

UD H18 クオン 2デフ 平 4段クレーン ★ 画像7

ユニックを安全運転するにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

・ブームは後方に格納し走行する
・やむを得ず、前方に格納して走行する場合には、前方の張り出しに注意して走行しないとブームを何かに衝突させてしまう可能性があります。

・作業時にはアウトリガーを左右ともに最大まで張り出して使用する。
・頭上の架空線等、障害物の確認をしてから操作を開始する。
・二人で作業する場合にはしっかりと合図や声を掛けて作業内容を確認する
・無理して遠いところのものを釣らずに車両を移動して、近くに寄せる

など

技術的には気をつけなければならないことは他にもたくさんありますが、基本的な確認を怠らないようにすることが大事でです。ちょっとした手間を掛けて安全確保ですね!

これから年末に向けて忙しくなる方も多いと思いますが、無事故で年始を迎えられるように安全運行をしたいものですね。

ユニック操作の注意点

ユニックの通称で親しまれる、積載型トラッククレーンですが、ユニックを操作する際の注意点にはどのようなことがあるでしょうか?

いすゞ H12 フォワード 平 4段クレーン フックイン★ 画像3

 

ユニックの最大の特徴は一台で「積む・輸送する・卸す・作業する」ことができることでしょう。

ユニックでなければ、平ボデーの他に積地でのフォークリフト等の荷役機械・降ろし地での荷役機械が必要になります。

 

そんな、便利なユニックですが操作上の注意点をいくつかまとめてみます。

①ユニックのアウトリガーは最大に張り出すこと

アウトリガーは最大に張り出して使いましょう。最大に張り出せない場合は、「空車時定格総荷重表」の最小張出しの性能で作業をするほうが安全です。

空車時定格総荷重表とは、クレーンの側方などに張られている一覧表で、荷台が空車の場合に吊り上げることのできる最大荷重を示しています。
例えば、作業半径が5.3mの時、アウトリガーを最大に張り出していれば1.08tまで吊ることができますが、アウトリガーが最小張り出しの時には0.38tまでしかつれません、などと言うように安全に作業することのできる基準が示されています。

②左右共に最大張り出しで使用する

アウトリガーは左右共に最大張り出しで使用しないと、転倒までの時間が早くなったり、車体の安定度が悪くなります。最大に張り出して使うことが重要です。

③アウトリガーの地盤を養生する

アウトリガーがしっかりと安定するように、地盤に敷板等を敷いて十分に車体が安定するようしたうえで作業しましょう。
地盤が土等の場合、主に荷物を吊った時に、アウトリガーが地面に埋もれていき、転倒などの事故もあります。また、敷板の面積が大きければ大きいほど安定します。
アウトリガーの荷重に耐えられる丈夫な敷板を使って作業しましょう。

④作業は空車時定格総荷重に基づいて作業する

ユニックのばあには荷台の荷物の積み下ろし、特に荷卸しをする場合、徐々に荷台が軽くなるので作業を進めるにつれて車体は不安定になってきます。
荷台が空車の時を想定した荷重で作業しましょう。

例えば、積み込みの際には荷台の荷重が増えていくので安定度は基本的には増していきます。特に前方向にブームを旋回させる際には顕著になります。しかし、反面荷卸しの際には、逆の現象が起きます。

⑤荷物を吊り場所によって車体の安定度が極端に違う

空車時定格総荷重は後方・側方で荷物を吊る場合を想定しています。
一方、前方で荷物を吊る場合にはどうなるでしょうか?
基本的には、空車時定格総荷重の25%以下の荷重で作業しなくてはなりません。

例えば、作業半径が5.3mの場合、後方・側方の最大荷重は1.08tです。
前方で作業する場合には最大荷重は1.08×25%=0.27tとなります。

 

ユニックはユニックの特性を十分に理解したうえで、安全に作業していきたいですね。

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック・中古トレーラー・冷凍冷蔵車などを取り揃えて皆様をお待ちしています。
お問合せください。

いすゞ H12 フォワード 平 4段クレーン フックイン★ 画像4いすゞ H20 ギガ トラクタ ◆ H10 富士 6台積 画像3いすゞ H24 ギガ3軸 冷凍車★ 仕上げ中★ 画像1

 

ユニック車を操縦するのに必要な資格

ユニックとは古河ユニックの商品名です。本当は小型移動式クレーンというのが正式な総称です。
日野 H27 レンジャー 平 4段クレーン 未使用車 ☆ 画像1

 

【ユニック車を運転して操縦すには?】
 ユニック車の運転には、ベースとなっているトラックの大きさに応じて普通免許~大型免許、または牽引免許までが必要になります。

  • 普通免許  車両総重量 5tン未満、   最大積載3t未満
  • 中型免許  車両総重量 5t以上11t未満  最大積載6.5t未満
  • 大型免許  車両総重量 11t以上    最大積載 6.5t以上

さらに、作業現場でクレーンを使用するため、小型移動式クレーンの特別教育や技能講習、移動式クレーン運転士免許なども必要になります。

  • 小型移動式クレーンの特別教育       つり上げ荷重0.5t以上~1t未満
  • 小型移動式クレーンの技能講習       つり上げ荷重1t以上~5t未満
  • 移動式クレーン運転士免許         つり上げ荷重5t以上
 ユニックを運転するだけなら普通~大型免許のみで足りますが、クレーンを操作しようとすると追加で資格が必要になりますね。

ユニックに自主点検について

【ユニックに必要な検査とは】
ユニックを使うためには、定期的な点検を行う必要があり、この検査を月に1回と年に1回の年次検査を行う必要があります。三菱 H18 ファイター 平アルミブロック 4段クレーン 画像1

特定自主検査とは?
年1回受けることが必要です。
 吊り荷重が3t未満の移動式クレーンは、1年に1回は労働安全衛生法により特定自主検査を受けなければなりません。この特定自主点検には2つの受験方法があります。

  • 自社内の自主検査資格講習修了者が事業所内で行う
  • 自主検査資格講習修了の資格を持つ検査業者にお願いする台数がたくさんあるようなところでは、自社内に有資格者が居たほうが便利ですね。

また、特定自主検査を受ける際の必要書類は以下の通りです。

  • 3年分(又は1、2年分)の年次・月例自主検査記録
  • クレーン設置報告書
  • クレーン検査証
  • 委任状(検査に立ち会えない場合)

特定自主検査の費用は?

おおよそ20,000円程度です。
その際の検査表や、ステッカーなどが発行されます。 検査表は受験後3年以上保存しないと50万円以下の罰金を課されるので忘れずに保管しましょう。

特定自主検査内容

以下のような点を検査していきます。

●外観検査
・ジブ部分の摩耗の程度、フックブロックの摩耗や変形の有無、指定されたワイヤーロープを使用しているかなど。●荷重試験
・定格荷重をつり上げ、つり上げ能力の有無を確認。
さらに荷を釣った状態で旋回等を行い、正常に動作するか確認する。

●エンジン検査
・エンジンを暖機運転した後に、オイルの圧力・量、汚れの確認。

●安全装置点検
・過巻装置等の警報装置について、装置が正常に作動するか調べる。

●ワイヤーロープ点検
・指定されたワイヤーロープであるか。ワイヤーのほつれや油切れ、キンク等の確認を行う。

どれも非常に重要な項目ですね。万が一、吊り上げ中にワイヤーが切れて・・・なんてことがあれば一大事です。大事な検査ですね。

点検しないとどうなるの?
【点検を怠ると…】
鯖散乱事故 ところで、特定自主検査を怠ってしまった場合は、法的な罰則は
無いのでしょうか?実は建設現場で使われる移動式クレーンは、労働安全衛生法により、
定期自主検査が義務付けられているので、特定自主検査を受けていない
車両は建設現場で使用することが出来なくなります。

また、この場合は整備不良により事故に繋がる可能性も高く
なってしまい、もしも事故を起こしてしまうと会社の信用にも関わります。

さらに検査を実施や記録、異常があった場合の補修を怠ったり、
資格がないものによる検査が行なわれた場合は、労働安全衛生法により
50万円以下の罰金に処される可能性もあります。

小型2tユニックの吊り上げ荷重と作動範囲

 

建設現場から車の搬送までいろいろなところで活躍する移動式クレーン。通称、ユニック。
今回はこのユニックについてです。
三菱 H20 ファイター セルフ3段クレーン 増トン車 画像1
トラックの架装パーツで、最も需要のあるユニッククレーン。メーカーや型式により寸法や最大つり上げ重量が変わってきます。今回は主なメーカーの吊上能力を一覧にします。

【2tユニックの範囲】
ユニックとは本来、古河ユニックが販売しているトラッククレーンの事を指します。しばし他社のトラッククレーンもユニックという本来は古川ユニックの固有名詞で呼ばれることも多々あります。それだけ古河ユニックは台数が多いのですね。
用語説明
最大地上揚程・・・・ブームを最大まで伸ばし、かつブームの角度を最大まで上げた時の地上からフックまでの距離。

最大作業半径・・・・ブームを最大まで伸ばし、かつブームの角度を水平にした時のブームの
旋回中心からフックまでの距離。
空車時最大クレーン容量・・・・つり上げ能力のこと。クレーンの最大つり上げ重量を旋回中心から何mの距離までつれるかを表す。
このような必要な情報はクレーンに記載されていることが多いです。写真では左側の黒い部分にその表記がされています。
三菱 H18 キャンター 平 UNIC3段クレーン ★ 画像12

【230シリーズ】
型式          ブーム段数  最大地上揚程   最大作業半径  空車時最大

UR-U(W)232N     2段        5.7          4.23      2.33t×1.7M
UR-U(W)233N     2段        6.23         6.23      2.33t×1.7M
UR-U(W)234N     3段        8.43         8.43      2.33t×1.7M

【260シリーズ】
無題

【290シリーズ】
型式                       ブーム段数  最大地上揚程    最大作業半径    空車時最大
UR-U(W)293N   3段        7.9          6.43        2.93t×1.6m
UR-U(W)294H   4段       10.1           8.73        2.93t×1.6m
UR-U(W)294N   4段       10.1           8.73        2.93t×1.6m
UR-U(W)295H   5段       12.0          10.63        2.93t×1.6m
UR-U(W)295N   5段       12.0          10.63        2.93t×1.5m
UR-U(W)296N   6段       13.9          12.63        2.93t×1.5m
他メーカーもほぼ同じような数字です。
本当に便利なユニック、選ぶうえで一番大事なのはブーム段数でしょうか。最大地上揚程と最大作業半径が決まります。せっかく買ったのに目的の場所まで届かない・・・では残念な買い物になってしまいまいます。
ワイズトラックでは皆様の安全作業・安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック、中古トレーラーを取り揃えて皆様をお待ちしております。