大型トラックのエンジンオイルは何リットル入る?

ガソリンエンジンの乗用車の場合、2000 CCクラスの車だと4リッター程度のオイルを注入することが多いかと思います。
また、乗用車の場合交換時期は3か月または3000キロなどと言われています。

エンジン

といっても、3か月ではあまりもにサイクルが早いので少しグレードの高いいいオイルを入れて半年に一回などという乗り方をされている場合もあるのではないでしょうか。

そもそもエンジンオイルの役割とはいったいどのような役割なのでしょうか?

・潤滑機能
エンジン内のピストンやカムシャフトの動きをスムーズにするように潤滑剤としての役割を担っています。
これにより、摩擦を減らしエンジンが摩擦熱で高温になり、焼け付くことを防いでいます。

・洗浄機能
エンジンは燃焼や回転運動によって、様々な汚れ(すすやスラッジ)が発生します。
エンジンオイルの役割の一つはこのすすやスラッジなどの汚れを、吸収して、エンジンをきれいに保つことです。
逆に言えば、エンジンオイルが汚くなっていくというのは正常にエンジンがクリーニングされているということを指します。
この汚れを一定取り除くために、エレメントと呼ばれる浄化装置が備え付けられています。

 

・密封機能
シリンダ―とピストンの隙間を埋める役割をしています。
皆さんも下敷きのようなプラスチックの板が水で濡れた床面に張り付くとなかなか取りにくいという経験をしたこともあるのではないでしょうか。
この状態をシリンダー内でつくり、燃料がシリンダー内で爆発した際のパワーを余すことなく伝達できるようにパワーロスを防いでいます。
さて本題ですが、大型トラックのオイルは一体何リッター入るのでしょうか。
車種によっても異なりますが概ね25Lから30Lというのが一般的なようです。

オイル缶

そして交換の目安時期はというと、ディーラー推奨(日野の場合)は45000キロから80000キロ毎となっています。
乗用車に比べると、とんでもなく長い距離になりますね。
ちなみに同じ車種でも、4万5千キロから8万キロではあまりにも差がありすぎるのでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実はこの差は、使用するオイルの差です。
最高グレードの高級なオイルを使った場合には8万キロも交換不要とのことです。

日野 H20 レンジャー 低温冷凍車 格納PG ★ 画像1日野 H20 レンジャー 低温冷凍車 格納PG ★ 画像3日野 H20 レンジャー 低温冷凍車 格納PG ★ 画像14日野 H20 レンジャー 低温冷凍車 格納PG ★ 画像15

とてつもなく長いトラック

【超~長いトラック】

1

日本のトレーラーは左の写真のような形ですが、海外のトラックはびっくりするほど長いものがあります。

オーストラリアでは50M程もあるようなタンクローリーが走っています。
日本とは違い、道は直線的で広大です。だから超ロングトラックも走れるんですね。
ちなみに上記のようなトラックを”Roadtrain”(ロードトレイン=道路鉄道)と英語で呼びますが、オーストラリアは日本のように鉄道網が発達していないので大型のトラックで輸送するのがメインのようです。

日本でも販売しているスカニア(Scania)を見るとかなり迫力があるように見えますが、上記のトラックなんかもっと迫力があるのでしょう。

ワイズトラックでは皆様のお役に立てますよう、より良い中古大型トラック 中古中型トラックを取り揃えて皆様をお待ちしております。