高速道路の渋滞を減らす!

プロドライバーである、トラックドライバーやバスドライバーをはじめ一般の車にとっても、渋滞による時間のロスは避けたいものです。

 渋滞の悪影響にはどのようなものがあるでしょうか?

・渋滞の最後尾で追突事故が起こりやすくなる。
・到着予定時刻が迫ってくるとイライラして精神的に良くない。
・疲れがたまる。
・車両の燃費が悪化する。
・二酸化炭素の排出が増える。

他にもいろいろと悪影響はあります。
数えだしたらきりがないような気がしますね。

渋滞

実は渋滞には予防策があります。

休日などでは確かに、走行する車の数自体が増えるので渋滞が起きやすくなります。しかし、渋滞はドライバーの皆さんが発生の原因を知り、運転の仕方を変えることで軽減することができます。
ではどのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

①上り坂での速度低下に注意
上り坂に差し掛かったときもアクセルの踏み方が同じだと、速度は低下してしまいます。速度が低下すると、後続車がブレーキを踏んだり、追従して速度を落としたりしなければならず、この速度低下が渋滞の原因になります。
速度メーターをチェックしながら、アクセルを踏み足していくことが大事ですね。

②車間距離を詰めすぎない
車間距離を詰めて走ると、前の車が減速したり加速したりするたびに合わせてブレーキを踏むことになり、渋滞の原因になりやすいだけでなく追突事故の原因にもなります。

車間距離を長めに確保して、一定速度で走れるようにすることで安全でストレスなく渋滞の少ない運行を確保することができます。また、一定の速度で走るので自然と燃費も良くなります。
一定速度で走り、ブレーキの少ないエコ運転を心がけることが大事ですね。

③追い越し車線に集中しない
渋滞中は早く前に進みたいという気持ちから、下り坂手前で早く進むことの多い追い越し車線に車線変更が集中します。
そうすると、車線変更した際に後方の車両がブレーキを踏みやすい状況になるのと同時に、車間距離が十分でない状況で走行するためアップダウンの続く高速道路の場合、坂の一番下(どんぶりの底部分)で渋滞が発生しやすくなります。
下り坂でスピードを出して下ってきた車が、上り坂で速度低下した車に合わせるためブレーキを踏むことで渋滞が起こってきます。①+②のような状況になってしまいます。

渋滞中は「こまめに車線変更をせず、車間距離を十分にとり、一定速度で走る」ことが渋滞緩和のための運転になりますね。

ドライバー一人一人の協力でできることなので、次に渋滞に遭遇しそうになったらぜひ試してみたいですね。

スイスイな高速

三菱 ファイター 平 4段クレーン ラジコン 画像1

渋滞の原因

渋滞はなぜ起きるのでしょうか?

渋滞が起きる原因はいくつもありますが、今回は下記のものをご紹介します。

道路の勾配が原因の渋滞

道路のアップダウンのなかで緩やかな上り坂に差し掛かった際に、自車の車速が低下している事に気がつかず走行していると、数台は同じように減速して行くのでよいのですが、何台も広報に連なっていると、下り坂部分を走行中の車にも影響をあたえるようになります。

前の車が上り坂で減速しているので、下り坂の途中でブレーキを踏まないといけなくなります。そうすると、どんどんブレーキを踏み減速する連鎖が後方の車両へと影響を広げていきついには完全に停止してしまうということになります。

このようにして渋滞が発生してしまいます。

渋滞を回避するためには、すべての車が上り坂での速度低下を意識的に回避するようにしっかり速度維持することですね。そして、車間距離を長めに取り、前の車が速度低下してもブレーキを即座に踏まなくてもいい状態を作って置くのも一つの方法ですね。

UD H28 クオン 4軸低床 冷凍ウィング ★ 画像1

トラックの場合には目線が高く、先が見渡しやすいのでより、先を予想した運転がし易いですね。

また、渋滞中にイライラして車間距離を詰めて、ブレーキとアクセルを頻繁に踏み変えるような運転は、ますます渋滞を悪化させることになります。
とはいっても、渋滞中のストレスはつきもの。上手に解消しながら、気分を落ち着かせられるように事前に冷たい飲み物を買っておいたり、好きな音楽を聞けるようにしておいたりなど、事前対策が大事ですね。