軽油は寒いと凍る!?対策は?

また、急に冬日のような寒さが戻って来ました。
ディーゼル車はガソリン車よりも寒さに弱いって知っていましたか?
日野 H21 プロフィア 3軸アルミウィング エアサス☆ 画像17

なぜ弱いのでしょうか?

軽油は凍る!?

氷点がガソリンよりも高いということです。
ガソリンが固まり出す温度はマイナス100度と言われていますので、基本的に自然環境の中で凍ることはあり得ませんが、何と通常の軽油(2号)はマイナス5度くらいから凍り出します。
ガソリン凝固点:マイナス100度
軽油 凝固点 :マイナス5度
 車体が凍り始める温度が約マイナス1度ですから、車体が凍っていたら軽油も凍っているかもしれないと思ってもいいかもしれないですね。
なので、温暖な地域から寒冷地に行くときには、気を付けないといけないですね?
というと、寒冷地ではディーゼル車は乗れないの??という疑問が出てきそうです。寒冷地では、氷点のより低い軽油(3号・特3号)を扱っているスタンドが多いのです。なので、寒冷地でも安心してディーゼルに乗ることができます。

 よって、寒冷地に行くときには軽油を満タンにして行かず、現地についたら寒冷地軽油を給油するようにしましょう。これが一番の対策です。

 また、ドアが凍ってしまった時には無理に開けずに、解氷スプレーなどでとかしてあげましょう。無理に開けると、ドアのパッキンゴムが破れるなどトラブルを招きます。
お湯をかけて解氷というのは危険です。温度差によりガラスが割れる可能性もあります。なのでぬるま湯をどあの隙間を狙って掛けるようにしましょう。

ドアの凍結⇒解氷スプレー
⇒ない場合、塗るま湯をドアの隙間を狙って掛けて解氷

日野 H21 プロフィア 3軸アルミウィング エアサス☆ 画像26

軽油が凍ったらどうするの?

一番ポピュラーな方法としては、燃料レギュレーターから噴射システムまでの間のパイプをドライヤーなどで温めとかすという方法です。他にもいろいろ方法があるようですが、どれも失敗したときに大変なことになったり車に良くない方法であったりする場合もあるのでトラック屋さんやJAFにお願いしましょう。

 ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますように、より良い中古トラック・中古トレーラーを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。

 

誤った燃料をいれてしまったら?

燃料を誤っていれてしまった・・・どうなるの?

トラックに使用する燃料と言えば、軽油を入れるのが一般的ですね。しかし、小型のトラックなどではガソリンで走るものも見かけます。

 一般的にトラックは軽油と思っている方が多いので、誤ってガソリントラックに軽油を入れてしまった・・・・というミスもあるようです。特に最近ではセルフ給油のスタンドが多い為、慣れない車両に給油する場合には起きそうなミスですよね。

間違った燃料を入れてしまった場合はどうなるの??

【誤ってディーゼル車にガソリンを入れた場合】
燃料ポンプがダメージを受けます。
軽油はガソリンよりも粘土が高く、潤滑油的な働きもしています。一方ガソリンは粘土が低い為、軽油用の燃料ポンプは油切れのような状態になり壊れてしまうのです。

誤って入れた場合には即抜き取りの処置を必要とします。

【ガソリン車に軽油を入れた場合】
もしガソリン車に軽油を入れてしまった場合とりあえずは走ることができます。
乗っているガソリン車にもよりますが、5%程度なら間違って軽油を入れても車に影響は出にくいそうです。しかし、もし間違ってしまった場合は、一度点検に出して異常が起きていないか、チェックしてもらいましょう。
【ハイオク用の車にレギュラーを入れた場合】
即座に問題が起きるということは稀でしょうが、やはりエンジンにはよくありません。
ハイオクとレギュラーは元のガソリンは同じものですが、ハイオクにはいろいろな添加剤が化合されており、よりエンジンに負担を掛けないように調合されています。ハイオク指定車に長い間レギュラーを入れ続ければ問題は起きる可能性があると言えるでしょう。

 

ワイズトラックでは良質な中古大型トラックや中古中型トラックを取り揃えて
皆様をお待ちしております。ワイズトラックホームページはこちら。