10.15モード・JC08モードの違い

自動車のカタログなどで、燃費の項目においてJC08などと書かれているのを見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

JC08という燃費基準の他に以前使われていた10.15モードという燃費基準もあります。この2つの燃費基準の違いはいったい何でしょうか?

JC08モードとは?

以前に使われていた古い燃費基準が10.15モードです。
2011 年4 月以降は、カタログなどに記載される燃費表示がJC08モードでの燃費になっています。
皆さんも経験があると思いますが、車やトラックの実際の燃費って、カタログに載っている燃費よりも悪いですよね。とても上手な運転をして、一時的にカタログ値に近い数値やそれ以上の数値が出ることがあっても、平均すると、カタログ値以下の場合が多いのではないでしょうか?(トラックの場合にはJE05という特殊な測り方をするそうです)

その中で、自動車の利用環境の変化に合わせて燃費計測の方法をより、実走行に近い状態で計測できるように採用されたのがJC08モードです。

三菱 H22 スーパーグレート ハイルーフアルミウィング 画像22

そもそも、自動車は走る状況により、燃費はかなり異なります。気象条件や渋滞、急発進、エアコン使用などにより燃費は大幅に変わってくるわけです。

JC08モードでは、実際の使用状況に近づけるために、走行中にブレーキを踏む状況を想定し、細かい速度変化で運転をするテストをしたり、エンジンが冷えている状態から試験をスタートさせたりします。

日本自動車工業会では実燃費はJC08燃費の80%程度が平均としていますが、上手にエコ運転をして基準値に近い燃費をしたいですね。

燃費の話

ここのところ燃料価格は比較的低い水準で安定していますが、産油国でない日本にとって原油価格の上昇は即座に我々の使用する燃料であるガソリンや軽油の高騰につながってしまいます。

安全のためにもこれからの環境保護のためにもエコドライブはやはり大事ですね。

本日はいろいろな乗り物の1リットル当たりの燃費についてです。

大型トラック     3 km~4 km
中型トラック    5 km~7 km
新聞カブ      17 km
はとバス       4.2 km
WRC      2.0 km
F1        1.5 km
90式戦車     267 m
ボーイング747   61 m
F15         52 m
戦艦大和      2 m
空母キティホーク  1 m
スペースシャトル  7.5 cm
スペースシャトルの燃費が㎝単位というのには驚きです。
トラックのアイドリング時の燃料消費量目安は以下の通りです。
大型トラック 2L/時間
中型トラック 1L/時間
小型トラック 0.5L/時間
アイドリングの時間を減らすことはエコ運転をしていくうえで重要なことですね。

車のエアコンと燃費の関係

エアコンの使用は燃費を悪化させる!?

車のエアコンを使うと燃費が悪くなるというのは有名なお話だと思います。
なぜでしょうか?

車のエアコンはコンプレッサーを使って稼働させています。そのため、コンプレッサーを動かすのにエンジンの力を借りているのです。

コンプレッサーを動かすために必要な力はおおよお5~10馬力程度と言われています。

即ち仮にコンプレッサーを10馬力と考えればエンジンに対して占めるコンプレッサーの割合は・・・
64馬力のエンジンなら約15パーセントの燃費悪化になります。
一方大排気量のエンジンで300馬力のエンジンなら約4パーセントとエンジンに大きさによっても変わって来ます。
これはあくまでも単純計算ですが、走行中は大きな車ほど影響の割合は小さくなる傾向にあります。しかしながら、どの様な車にもアイドリングでエアコンを使っている場合には燃費に大きな影響を与えます。

日野 H23 プロフィア 3軸アルミウィング 画像1

メーカーでの大型トラックでの試算結果は以下のようなデータです。

エアコンON     アイドリングのみ    悪化率
1分間の燃料消費量    25.6cc        22.1cc       16%
1時間の燃料消費量    1.54L          1.33L         16%

これからは窓を開けて走っても気持ちのいい時期になってきます。

エコの観点からも、田舎の道などでは秋を感じながら窓を開けて走行してみるのもいいのではないでしょうか?