自動運転の大型トレーラー

日本では先日、東京で自動運転のタクシーが実際の公道で、乗客を乗せて運行したというニュースが一役有名になりましたが、なんと2018年6月にドイツでは自動運転トラックが展示会に出品されました。

制作した会社は日本ではあまりなじみがありませんが、「ZF」という自動車の技術開発を中心とした、先端テクノロジー会社です。

テクノロジー

そのZFが、空港や港などでスワップボディーのトラックが自動でコンテナを乗せ換え、目的の場所まで自動運転で運行することが可能になる技術を開発したそうです。

なお、スワップボディ―とは、日本ではあまり見かけませんが単車の大型トラックの箱のみを自由に載せ替えが可能なトラックの架装を指します。

 

その自動運転を可能にしたトラックに組み込まれる頭脳は「ZF ProA」という名づけがされています。

技術的には開発できたとは言え、実際のところまだまだ実用化にはいたらないところかとは思われますが、トラックの自動運転が可能になったというのは驚きです。

実際に自動運転のトラックが走るためには、法律上もいろいろと変更しなければならないところも多そうです。rule-1752622_1280

例えば、万が一自動運転のトラックが事故を起こした場合一体誰の責任になるのかなど、今の事故対応では不明なところだらけです。

先日の、東京での自動運転タクシーは、自動運転ではあるもののドライバーが常時運転の補助をするということで、万が一の事故時には今まで通りドライバーの責任となるようです。

 

 

 

トラックの自動運転技術

近年よくニュース等で話題に上る自動運転ですが、トラックの自動運転は本当に実現するのでしょうか?

いま日本で研究されている主なトラックの自動運転技術は「高速道路上での隊列走行」です。

未来の車

隊列走行とはどのような走行を指しているのでしょうか?

隊列走行とは高速道路上をトラックが一列に縦列(隊列)して走行する様子を指しています。
高速道路は一般道と違い信号もなくカーブも比較的緩やかであり、また一般道に比べて路外からの飛び出しなどの危険も極めて少ないため、トラックの自動運転技術の研究は高速道路から始まっています。

先頭車両にのみドライバーが乗務し、後続の数台は先頭車両に追従する形で自動運転させるというものです。
この自動運転が実現すると、インターでドライバーが待機しており、隊列をなして走行してきたトラックに乗り込み一般道は有人走行するという形態になりそうですね。

近年のITやAIなどをはじめ先端技術の進化が目覚ましく、小さいときに見たドラえもんの世界が、近づいて来ている気がします。

調べてみると、すでに実現したドラえもんの道具もあるようです。
例えば・・・
・糸なし糸電話
糸電話なのに糸がなく自由に持ち運べる電話=携帯電話ですね。

・絵本入り込み靴
絵本の上に乗ると、絵本の世界に入り込めるという魔法の靴=現代のVR(バーチャルリアリティー)技術でしょうか。

このように考えると、夢の世界が現実になるのもそう遠くはなさそうです。

しかしながら、トラックの完全自動運転までは、まだまだ時間がかかるといわれています。トラックの運転には、それほど難しい運転テクニックが必要だということです。

普通乗用車では実現しているアラウンドビューモニターや自動駐車の技術等もまだできていません。
トラックの場合、空車時と満載時で車両重量が大きく変わりハンドリングやブレーキングの操作感覚も全く異なるために、自動化するのは乗用車よりも難しいようです。また、乗用車とは違い、受注生産のような形で作る場合も多く、微妙に荷台の形状が違ったりするなど、様々な複雑な要素があるためより難しくなっているようです。

プロドライバーの技術は最先端の技術でもなかなか真似できない、運転技術ということがよくわかりますね。

日野 H24 レンジャー フルワイド低温冷凍車 格納PG 画像1日野 H24 レンジャー フルワイド低温冷凍車 格納PG 画像15日野 H24 レンジャー フルワイド低温冷凍車 格納PG 画像14