交通管理のシステム(オービス・Nシステム・Tシステム)の違い

まずはスピード違反を自動で取り締まるオービス

オービスは自動速度違反取締装置と呼びます。一般的に危険と思われる速度超過でカメラの付近を走行した際に、自動で赤外線フラッシュが発光して車両ナンバーと運転手の顔を撮影します。

 オービスにもいろいろなタイプがありますが多くは、撮影時には赤い光を放つものが多いようです。
そもそもオービスとはラテン語の目という単語が語源の様です。おもしろいですね。オービスに撮影された場合、ナンバーから所有者を割り出し、出頭命令が来ます。そして顔の確認等をされた上で、切符を切られることになってしまいます。
また、オービスは設置個所手前の道路上に看板で自動速度取締機設置路線と表記して安全走行を事前に促している場合も多く見受けられます。

また、オービスは赤いランプのついた小さな箱と、カメラの箱の2つがあるのが特徴的です。

似たような見た目のカメラにNシステムというものもあります。

Nシステムとは?

 通過車両のナンバーを読み取るために備え付けられています。
手配車両の確認など、犯罪捜査のためにデータが使用されています。

Nシステムはナンバーを読み取る際に赤外線を使用しているため、カメラから赤い光を確認することができます。

Tシステムとは?

このTシステムは、カメラで通過車両のナンバーなどを撮影して、一定区間の通過に要した時間を測るのが主な目的です。
幹線道路などで 〇〇〇まで20分などというように、所要時間を表記している看板を見たこともあるかもしれません。そのデータを集めているのが本システムです。

また、Nシステムと同様にナンバープレート情報を読み取ることができるため、手配車両の発見のために利用されることもあります。

また、Tシステムのカメラはいつも赤く光っていて、カメラ支柱に建設省の表記があるのが特徴です。
日野 H20 レンジャー 低温冷凍車 格納PG 画像1

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック・中古トレーラーを取り揃えて皆様のご来店をお待ちしております。

オービスってどれくらいの速度で反応するの?

オービスってそもそも何物?

 幹線道路、高速道路を中心に設置されている自動速度取締機のことをさします。
青地に白文字の看板で「自動速度取締装置設置区間」などの標識を見たことはないでしょうか?あの看板の先にオービスがあります。
よく赤い光でオービスは撮影するといいますが、赤外線カメラで撮影してるため赤い光を放ちます。赤外線は無色でも撮影できますが、スピード違反で撮影後にドライバーに速度抑制を促すためにあえて強烈な赤い光を放つように設計されています。

では一体オービスでは何を撮影しているのでしょうか?
まずナンバープレートとその車、さらに運転手の顔まで撮影。その後、撮影されたデータは警察へと送られます。警察でナンバーから所有者を割り出しその後、出頭命令の通知が届きます。オービスはいまでこそデジタルですが、かつてはフィルム式のオービスが主流だった為、撮られたとしてもフィルム切れで免れた時代もあったんですよ。

一体時速何キロオーバーで撮影されるの?

一体何キロ出せば撮影対象になるのでしょうか?
明確な基準等もありませんが、目安としては赤切符を切られる速度オーバー考えられているのが一般的の様です。
■高速道路 → 制限速度+40キロ
■一般道路 → 制限速度+30キロ

違反点数と罰金は?

高速道路・一般道路共に、速度超過50km未満で6点、50kmを超えると12点が加算されます。罰金に関しては過去の違反歴等の考慮の上裁判所で判断されることになりますが、一般的には7,8万くらいでしょうか。

ただし、60km以上オーバーしている場合はもっと重い処分になる場合も・・・・

罰金もいたいですが、免許点数も同様です。
ましてやプロドライバーの方などは仕事にならなくなってしまうことも・・・・
社会的信用を失うのはもっと痛いですね。
事故を起こさないように安全運転、急がば回れで余裕のある運航スケジュールを組みたいものです。