バスの発進を妨害すると違反になる?

路線バスなどが停留所からの発進の際に、無理な追い越しをしてバスの進路を妨害した場合道路交通法上の違反になるのでしょうか?

バス

バス

答えは「乗合自動車発進妨害」という違反になります。

違反点数 普通・大型ともに1点

反則金  普通 6000円
大型 7000円

また進路妨害とはどういう状態を指すのでしょうか?

道路交通法で決まっていました。

パトカー

進路妨害については、道路交通法2条22号で以下のように定されています。

「他の車両の直前に飛び出して、事故を避けるために急ハンドルや急ブレーキを余儀なくさせる事」となっています。

また、この法律上の乗合自動車とは「乗車定員11人以上の自動車であって、 貨物自動車等及び特種用途自動車等以外のもの」を指すそうです。

トラックよりもバスの方が公共性が高いので、正常な運行を妨げるような行為をすると罰せられるようになっているのですね。

高速道路上でのガス欠!

高速道路上でガス欠にしてしまった場合、道路交通法違反で反則金・減点の対象になります。

反則金はいくら?点数は?

反則金9000円 違反点数2点となっています。

基本的に高速道路上ではやむを得ない場合を除き、駐車停車は禁止です。その為、自らの過失で燃料切れを起こしてしまった場合には運転者に反則金と違反点数が課せられることになります。

とはいえ、予測できずに事故渋滞などに巻き込まれることもあります。その際に燃料の残りが少なく不安にった経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

目安ですが、普通車の場合燃料残量が減っていることを知らせるランプが点灯してからも約60キロくらいは走行できるようです。もちろん状況によって燃費は大きく変わりますのでなんとも言えませんが一つの目安としてそれぐらいを想定して設計されている場合が多いようです。

トラックの場合には燃料タンクの仕様などにより大きく異なりますので、一律に目安を表すのは難しそうですね。

警告ランプが追加たら最寄りのガソリンスタンドで給油するのが一番です。
高速道路上で次のスタンドまで燃料が持たなさそうだと判断したら、一度高速道路を降りて、一般道で探したほうが安全ですね。

また、万が一ガス欠になった場合でも一般道であれば、高速道路とは違い安全な場所に移動することも容易です。落ち着いて近所のスタンドを探したり、JAFを呼ぶなどの対応もできます。

 万が一高速道路上でガス欠になった場合はどうしたらよいでしょうか?

①ハザードをつけて、後続車に停車を知らせながらなるべく左に寄せて停車
②発煙筒・三角停止板を用意
③後方に注意しながら可能ならば左側のドアから外へ脱出
④発煙筒・三角停止板を安全に注意しながら設置
⑤路外の安全な場所にて待機

2次災害等の抑止のためにも迅速に、対応し身の安全を確保しましょう。

UD H22 クオン 4軸低床 セルフ4段クレーン  画像2UD H22 クオン 4軸低床 セルフ4段クレーン  画像12

荷崩れしてトラックの荷台から荷物が落下・・・対処法と違反点数

特に平ボデーのトラックなどで、積荷の固定がしっかりできておらず落下させてしまった、または落下しそうな不安定な状態になってしまったという経験をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日野 H20 レンジャー 平ボディ ★ 画像6

道路上に積荷を落下させてしまった場合には運転者の責任になってしまいます。
まずは落下しないようにしっかりと固定することが一番ですが、万が一落下させてしまった場合の取締についてです。

・転落等防止措置義務違反となり、取り締まりの対象

車種  大型車  普通車  小型特殊
反則金 7,000円   6,000円  5,000円
違反点数 1点   1点    1点

この様な行政罰が課せられます。ただし、これは積荷の落下が原因で事故が起きていない場合です。事故が起きてしまった場合には人身事故等の理由により別途点数の加算のある場合があります。

【転落等防止義務とは?】
・積載物が落下したり、飛散したりしないように適切な対応をしなさいと定めている法律です。

確かに、細かい石灰のようなものを積んだダンプがシートもかけずに走行していたら一面真っ白になってしまいますよね。このようなことが原因で事故の起きないように、運転者に適切な積み込みと、適切な防止策を法律で課しました。

高速道路で積荷を落下させた場合には、高速自動車国道等運転者遵守事項違反での切符を切られることになります。しかも点数は2点になり、反則金も高額になってきます。

【安全策】
1、固定に用いる用具に損傷や痛みがないか確認する。
2、ロープ等での固定個所を多めにとる。
万が一このロープが切れてもこちらで固定されているから大丈夫!というように予備の養生
をとる。
3、出発前にもう一度確認、休憩時に確認、高速道路に乗る前に確認

ワイズトラックでは皆様の安全運行に寄与できますようにより良い中古トラック、中古トレーラーを取り揃えて皆様をお待ちしております。